子供にとって良い英会話教室とは?

子供英会話教室の選び方

子供英会話教室を選ぶときのポイント

子供のために、良い英会話教室を選んであげるのが親の仕事です。
ですが、初めて英会話教室を選ぶ時は、どんなところが良いかわかりませんよね?

 

子供の英会話教室の選び方について、考えてみましょう。

 

子供英会話教室の選び方

1. 自宅から近いところ

勉強は、繰り返し行わなければ身に付かないものです。
自宅に近くて通いやすいところがポイントになります。

 

子供に学ぶ気持ちがあっても、送り迎えが面倒で休んでしまうのはもったいないです。

 

小学生のお子さんなら、一人でいけるかもしれませんが、
自宅から離れていると、心配です。

 

子供が楽しく、安全に勉強できる、自宅から近い英会話教室を選びましょう。

 

2. 親も学べるところ

学校の勉強に予習・復習が必要なように、英会話教室のレッスンも予習復習が必要です。
自宅で英語ができる環境を、両親が作ってあげてください。
例えば、英語の本を読み聞かせたり、今日のレッスンをもう一度復習させましょう。

 

小さなお子さんは特に、お母さんやお父さんと一緒に何かをするのが好きです。
勉強に意欲を持って取り組んでもらうためにも、一緒に発音や読み方の練習をしてあげましょう。

 

ただ、自宅でどのように教えたら良いのか分からないと思います。
そんな時、しっかりと学習方法を親に指導してくれる講師がいれば、親も子供も助かります。

 

積極的に宿題の様なものを出してくれて、
親がどうケアしてあげるべきかを教えられる講師が良いです。

 

子供だけではなく、自分にも積極的な講師がいる英会話教室を選びましょう。

 

3. 外国人講師がいるところ?

外国人講師がいるところでは、ネイティブな英語を学ぶことができます。
発音がしっかりしている英語を覚えさせたいなら、外国人講師がいるところを選びましょう。

 

しかし、3歳以上中学生未満のお子さんには、外国人講師が合わないかもしれません。

 

言葉の意味を理解するようになると、
外国人講師のヘタな日本語が邪魔になることがあります。

 

ずっと英語で話していても理解してくれないので、外国人講師ではない方が良いです。
3歳未満であれば、意味がわからなくても発音をしっかり覚えてくれます。

 

また、外国人講師の場合、突然の帰国などで、先生が変わってしまうことも多く、
子供が慣れる前に先生がいなくなってしまう、というようなデメリットも考えられるようです。

 

子供英会話は、習い事としては大変人気があるようですが、
必ずしも、ネイティブの英会話教室が人気が高いわけではないようです。

 

中学生以上であれば、環境の変化にも、ある程度対応でき、
「勉強は難しい」ということを理解していると思うので、外国人講師でも問題ありません。

 

まずは何より、子供が楽しいと思う方法でレッスンをしてくれる教室を選びましょう。

 

子供が楽しいと思える教室とは

 

子供が楽しいと思える教室の条件をアンケートをもとにまとめられたものがあります。

 

1. 学校と同じ様に楽しいところであるべき

単に英語をスパルタで暗記させるのではなく、歌や絵を交えて、
楽しくレッスンできる教室が良いです。

 

小さなお子さんは、頭より体を使って楽しく物事を覚えていきます。
先生がきちんと子供目線のレッスンを行っていれば、子供も楽しんでくれるでしょう。

 

2. 教材がしっかりしているか

親から見て、「この教材で何を学べるのか」が分かる教材を使っていなければなりません。

 

万が一分からなくても、講師に聞いた時に、
どんな理由でその教材を使っているかを説明できなければなりません。

 

教材を作っているのは講師でも教室でもありません。
実際に教育の場に立っていないとわからないこともあります。

 

講師は無理をして教材を使っているのではないかと思うなら危険です。
講師が楽しくレッスンできなければ、子供たちも楽しくレッスンできません。

 

お互いにその教材を使って意味があると思わなければ、楽しいレッスンはできないでしょう。

 

3. 友達がたくさんできる教室

親の雰囲気が悪い、子供の教育がきちんとしていない、
そんな教室に通っていると、子供も英語が嫌いになります。

 

子供の親の態度が悪い場合、親が我慢をしなければならないかもしれません。
ただ、子供にも我慢をさせてしまうと、レッスンが楽しくできなくなってしまいます。

 

子供にも、大人しい、元気が良い、性格があります。

 

講師が、一人ひとりと向き合っているか、
友達を作りやすい環境を整えられているかをチェックしましょう。


ホーム RSS購読