子供の英会話はいつから始めるべきか

子供英会話教室ならどこがおすすめ?

子供に英会話を習わせる必要があるか

昨今、日本の欧米化、グローバル化に伴い、
小学校でも英語の授業が行われるようになりました。

 

世の中で生きていくには、英語が必要であると判断されたからですが、
本当に必要あるのでしょうか?

 

「小学生に英語はまだ早い!」
まずはそう決めつけずにどうして英会話が必要なのかを考えてみましょう。

 

子供にも英語が必要な理由

 

なぜ小学校で英語の授業が行われるようになったかは知っていますか?
2011年から、小学校の授業でも英語が行われるようになりました。
理由は、日本が英語にまったくついていけていないということです。

 

中学校から簡単な英語を勉強し始めますが、
それだけでは英語力がついたとは言えません。

 

教科書に載っている英語では、実際に海外に行った時に使い物にはなりません。
ただ、基礎を覚えるという意味では、教科書に載っている英語が適切です。

 

ただし、基礎を覚えるだけでは、英語を話せるようにも、書けるようにはなりません。
あくまで英会話を始めるスタート地点にしかならないでしょう。

 

中学校で覚えた英語だけでは、
希望の高校に進学することができないかもしれません。

 

今は、「英語を知っていて当たり前」という学校も多いので、
できるだけ早くから周りと差をつけておいた方が良いです。

 

留学、修学旅行、海外に行く機会は高校になれば増えます。
出張、就職、大人になればもっと増えることになります。

 

日本もグローバル化され始めているため、
やはり「知ってて当たり前」が常識になりつつあります。

 

大人になってから無理に勉強する必要はありませんが、
子供のこれからの将来を考えると、勉強させておいた方が良いでしょう。

 

英語を学んでおいて得をすること

将来、進学・就職する時に有利になる

英語ができて当たり前になりつつある今の世の中で、英語力がなければ、
進学・就職のスタート地点にも立てないかもしれません。

 

今現在は、英語ができる方が優遇されますが、
将来、英語ができないと書類選考で落ちてしまうということがあるかもしれません。

 

少なくとも今でも、スポーツ選手、パイロットなどの職業は、絶対英語が必要になります。

 

小さいころから英語力をつけて、周りよりも多く勉強しておくことで、
英語の知識量に差が付きます。

 

誰よりも必要とされたいと思うなら、誰よりも早く英語を学んでおかなければなりません。

 

将来夢見ている職業だけでなく、進学にも英語が必要になります。
例えば、将来外国の学校に留学させたいと思うなら、英語は絶対に必要です。

 

「英語は日常生活で自然に覚えられるのでは?」と思うかもしれません。
確かに、日常生活で学んだほうが覚えやすいかもしれません。

 

ただ、英語を当たり前に使える状態で留学しなければ、
大学の勉強についていけません。

 

外国の大学に何をしに行くのかを考えると、語学留学ではないはずです。
「パソコンについて」「宇宙について」「人間の心理について」もっと専門的なはずです。

 

難しい英語を使って行われる授業は、
英語力がなければ内容についていくことはできません。

 

試験で良い点数がとれなければ卒業はできません。

 

結局何をしに行ったのか分からずに、挫折してしまうのも、
英語力がないからなのです。

 

小さければ小さいほど英語を学ぶのは有利

子供が言葉の意味を理解し始めるのは、3歳を過ぎたころからです。
言葉の意味を考えるようになると、ネイティブな発音が難しくなります。

 

子供が音で言葉を感じ取っているうちに英語を勉強させておくと、
発音がキレイになります。

 

また、子供は好奇心旺盛で、何に対しても打ち込める力があります。
大人と違い、余計なことを考えることがないので、勉強も頭に入りやすくなります。

 

スポーツと同じで、できるだけ小さいころからやっていることで、
難しいことも簡単にできるようになります。

 

大人になると忘れっぽくなりやすいですし、
子供のころから英語を定着させておきましょう。

 

 

正直、小学校から英語を始めても、英語力に差はつきにくいです。
今までよりは高校で深く英語を勉強できるようにはなると思います。
ただ、周りに差をつけたいと思うなら、英会話教室へ通わせた方が良いです。


ホーム RSS購読